薪(ウッド)、ペレット、チップボイラーのパイオニア フローリン日本正規輸入販売元

T4

T4シリーズの特徴

  • 燃焼室は耐久性の高いシリコンカーバイドを使用しています。
  • 高い燃焼効率と少排煙・低煤塵を実現しました。
  • それぞれ固定・稼働する2分割パーツによる燃焼グレート構造で、灰のクリーニングやメンテナンスが便利です。
  • 燃焼室内の自動クリーニング装置や取り外し可能な灰入れコンテナーでメンテナンスの時間がかかりません。
  • 一次・二次燃焼空気の取り入れは、負圧検知制御式を採用しています。
  • 安全機能付きの燃料装填バルブを搭載しています。
  • 3層式熱交換器は自動クリーニングシステムを採用しています。
  • モニター機能付きスピードコントロール排煙ファンで安全性を高めています。
  • ラムダトロニックH3200により細やかなシステムコントロールが行われます。
  • 断熱材により、エネルギーの損失を最小限に抑えます。
  • ブロードバンドラムダ温度検知システムにより、燃料の違いによる燃焼温度を検知し最適な運転を行います。
  • 燃料装填機器スーパーギアは省電力で稼働します。
特徴

簡単な組み立て

  • 組み立てがシンプルで簡単です。
  • 高所作業がほとんど無く、手の届く範囲の低い位置で多くの作業が可能です。
  • 燃料充填接続用のストークは本体の左右どちら側でも接続可能なため、
    接地のバリエーションが広がります。
T4は組み立てられた状態で届くため、設置の際はストークを使い、本体に燃料充填システムをロータリーバルブに接続するのみ。取り付けに手間がかからないため、時間とコストを節約します。 コンパクト設計のため、限られたスペースでの取り付けも可能です。

優れた耐久性を誇るシリコンカーバイド製の燃焼室

  • 高燃焼効率により少排煙・少煤塵を実現しました。
  • 燃料の使用量も少なく、経済的です。
  • 自動着火装置により素早い着火と燃焼を行います。
燃焼室は高品質耐久性の高いシリコンカーバイドという耐熱レンガを使用しています。高温状態を維持することで燃料効率を高め、低排出・低煤塵を実現しました。

燃焼室は精密な形状によりシール材を必要とせず、不要な空気の流入や漏れを防ぐ特殊な形状で、フローリンが特許を持っています。また、分解・組み立てが容易でメンテナンス性に優れています。

シリコンカーバイドは高温化しやすい性質のため、従来のボイラーに比べ着火の際は燃焼室が暖まりやすく、自動着火後に短い時間で燃焼に移行することができます。

静音設計のスピード制御機能付き排煙ファンを搭載しています。

  • 最適な燃焼条件に自動調整する、静音設計の排煙ファンです。
排煙の負圧を測定して排煙ファンのスピードを制御するシステムはペレットボイラーにとって極めて重要な役割を担います。P4 Pelletシリーズは、ブロードバンド・ラムダセンサーが常に最適な条件で運転するよう自動調整します。

スマートなグレート構造

  • 理想的な燃焼に貢献します。
  • グレートを自動クリーニングします。
燃焼グレートは2つのパーツに分かれており、チップ・ペレットどちらの燃料を使用しても最適な燃焼条件を維持できるよう工夫されています。
可動式リフティンググレートは燃料は常に均一的な量で燃焼室に送り込みます。チッピンググレートはリフティンググレートに対し90°の角度で固定され、灰や残留物をきれいに片づけます。これらのグレートは特に耐久性に優れた特殊合金を使用しているため、部材の交換頻度を最低限に抑え長期間使用することができます。

自動灰クリーニングと扱いやすい灰コンテナ

  • 自動灰除去装置を搭載しています。
  • 灰コンテナは容易に取り外すことができ、メンテナンスの手間を低減します。
燃焼中に発生する熱交換機や燃焼室の灰は、自動的に1つの灰コンテナに収められ、規定量まで溜まると廃棄するよう機器が知らせます。
灰コンテナは持ち運ぶ際に移動しやすいようタイヤやハンドルがついており、取り出しも簡単です。移動中に灰がコンテナの外にこぼれにくい設計になっています。

最新制御システム、ラムダトロニックS3200

  • ブロードバンドのラムダ制御システムを搭載しています。
  • ディスプレーユニットは、角度可変の、大きく見やすい構造になっています。
  • 離れた部屋へ操作パネルを設置できるため、リビングなどからボイラーの運転や 操作が可能です。(オプション)

フローリンは世界で始めてボイラーにラムダ制御システムを取入れ、その後のボイラー業界に大きな影響を与えました。
今や高性能ボイラーに定番となっているラムダ制御システムは、計測されたデータをもとに燃焼を制御し、適切な状態を維持するためのシステムで、自動車にも使用されています。
S3200ラムダ制御システムにより、ラムダ制御に「より精密な燃焼」という概念を加え、角度可変構造によるディスプレイパネルにより、あらゆるユーザーの視覚性を確保します。
操作は易しく、主要な操作にはシンプルなボタン式を採用しています。

フローリンの通信システムにより、操作パネルを様々な場所に設置し遠隔操作をすることが可能になりました。ボイラー部・タンク部、リビング、別の建物など、通信ケーブルを設置することで好きな場所でボイラーを操作することができます。

フローリン・ビジュアル・ソフトウェア3200によるPCでのコントロール(ヨーロッパ限定オプション)

  • PCでのモニタリング、操作
  • データの記録
  • リモート操作

ビジュアル・ソフトウェアを使うことで、パソコン上で操作することができます。
ビジュアル・ソフトウェアは電話通信網のモデムを使用するシステムで、ボイラーの運転状態・ユーザー設定のパラメーター(各機能の条件設定)をPC上の画面で確認ができます。
※現在はヨーロッパのみで使用できるオプションです。
フィードシステム
  • 耐久性の高い撹拌装置を搭載しています。
  • 撹拌装置ギアボックスによりメンテナンスの手間が軽減します。
  • 強靭なスプリングでスクリューへの燃料の取り込みを助けます。
  • スクリュートンネルでスクリューの運転をスムーズに行います。
  • ボールジョイントでスクリューの傾きを常に調節・修正しスムーズな燃料供給を行います。
  • フローリンが特許を取得しているツインチャンバーロータリーバルブで逆火を防止します。
  • 自動回転機能付きストークスクリューを搭載しています。
  • スパーギアを採用することで省エネルギーで運転を行います。
  • メンテナンスを容易にするため点検口を設けています。

ボールジョイントとストークユニット

  • 設置場所を限定しない柔軟性のある設計が可能です。
  • 逆火防止装置としても役割機能しています。
  • 少エネルギー消費設計
ボールジョイントはスクリューとストーカーユニットを結合させる役割を果たします。スクリューの設置状態により最大15°まで傾けることができ、設置空間の状況に応じて柔軟に対応します。
また、極めてコンパクトなストーカーユニットとフローリンが特許を持つツインチャンバーロータリーバルブにより、逆火を防止すると共に確実に燃焼室へ燃料を送り込む役割を果たします。
ボール・ジョイントとストーカーユニットは省エネルギー設計のスパー・ギアによって作動され、最小のエネルギーで最大の効率を発揮します。

フローリンが特許を取得した
逆火防止用のツインチャンバーロータリーバルブ

  • 燃料を均一的に送り込みます。
  • 逆火防止としての役割を果たします。

フローリンが特許を取得しているツインチャンバーロータリーバルブが最大限の安全性を確保します。
燃料の貯蔵庫から燃料を引き込むスクリューとボイラーから燃料室に送り込むスクリューを完全に切り離すことで逆火の可能性をなくしました。
また、ロータリーバルブには刃が設けられ、サイズの大きなチップを砕き、詰まりの問題を著しく低減します。

垂直サイロフィリングシステム

サイロのように貯蔵庫いっぱいに燃料を格納する場合、天井付近など高い位置に投入口を設ける必要があります。
垂直サイロフィリングシステムは、コンテナに入れた燃料を垂直スクリューで貯蔵庫の投入口まで持ち上げ、投入するシステムです。
投入された燃料は、貯蔵庫の攪拌機により燃料が片寄りなく均一に貯蔵されます。
垂直スクリューは最大45㎥/hの燃料送り込みが可能で、迅速で安全かつ効率的な貯蔵方法です。

バンカーフィリングシステム

サイロのように貯蔵庫いっぱいに燃料を格納する場合、天井付近など高い位置に投入口を設ける必要があります。
バンカーフィリングシステムは、貯蔵庫の他に独立したバンカーという燃料庫を設け、バンカーで貯蔵した燃料をスクリューで自動的に貯蔵庫まで運びます。
貯蔵庫のスペースが小さい場合や大規模施設に設置する場合など、離れた場所に燃料を貯蔵したい場合に有効です。

地上からの投入

ボイラー室と貯蔵庫が地上と同じ高さの場合、正面に投入口を設け燃料を投入します。
低コストな投入方法です。

上部からの投入

ボイラー室と貯蔵庫が地下にある場合は、貯蔵庫の天井部分に投入口を設け、上から燃料を投入します。
低コストな投入方法です。

垂直スクリューでの投入

貯蔵庫がボイラー室より上に設ける場合、外部に設けた簡易コンテナに入れた燃料を垂直スクリューで貯蔵庫に送り、ダウンパイプでボイラー室に送り込みます。
離隔距離・燃料データ
◆ウッドチップ
 ハードチップ(G30/W30)---2.0㎥/h
 ソフトチップ(G30/W30)---2.5㎥/h
 
◆ペレット --- 1.0㎥/h

燃料消費量の計算

燃焼効率は燃料の質に影響されるため、おおよその目安として以下の計算を参照してください。

チップの規格
【G30】
長さ:10~30mm(長さ85mm以下・混合率20%以下は可)
幅:2.5~16mm

【G50】
長さ:30~50mm(長さ120mm以下・混合率20%以下は可)
幅:5.6~31.5mm

【G30・G50共通】
含水率:35%以下
重さ:210~250kg/㎥
エネルギー容量:3.5kWh/kg
ペレットの規格
長さ:5~30mm(長さ45mm以下:含水率20%以下は可)
直径:6mm
含水率:10%以下
重量:約650kg/㎥
粉末の割合:2.3%以下
エネルギー容量:4.9kWh/kg
接続例

理想的なエネルギー燃焼 / 消費を達成するためのシステム設計

・知識のあるフローリンの施工代理店が、常にユーザーの環境・要望に合ったプランをご提案します。
・総合的な主要部材を考慮したシステムとしてのボイラーのご提案
・ソーラーによる蓄熱装置のご提案(オプション)


仕様一覧
T4 寸法 単位 24kW~30kW 40kW~50kW 60kW~75kW 90kW~110kW
H 高さ mm 1390 1620 1620 1720
H1 煙突口元までの高さ mm 1440 1670 1670 1770
H2 温水排出管までの高さ mm 1195 1425 1425 1530
H3 流入管までの高さ mm 270 270 270 170
H4 排水管までの高さ mm 140 140 140 140
H5 ストーカー接続部までの高さ mm 580 650 650 650
B mm 600 770 770 880
B1 幅(ストークユニット含む) mm 1360 1530 1530 1640
B2 ストークユニットの幅 mm 760 760 760 760
B3 ボイラーからストーク接続部までの長さ mm 470 470 470 470
L 奥行き mm 1200 1200 1570 1570
L1 奥行き(排煙ファン・灰コンテナ含む) mm 1430 1430 1920 1920
L2 背面からストーカー接続部までの長さ mm 755 755 1045 1045
T4 仕様 単位 24kW 30kW 40kW 50kW 60kW 75kW 90kW 100kW 110kW
熱出力 kW 24 30 40 50 60 75 90 99 110
熱出力範囲 kW 7.2~2.4 9~30 12~40 15~50 18~60 22.5~75 27~90 30~99 33~110
電圧/周波数 - 400V / 50Hz / ヒューズ20A
電力消費量
(ペレット・チップ)
W 74/115 84/142 86/150 88/158 95/180 105/205 115/230 120/250 135/280
重量
(ストーカーユニット含む)
kg 620 640 840 860 1060 1080 1350 1360 1370
タンク容量 L 105 105 160 160 220 220 260 260 260
最大温度設定 90
最大設定圧力 bar 3
煙突径 mm 150 150 150 150 200 200 200 200 200

製品一覧